長野県埴科郡坂城町大字上五明643-2

tel:0268-81-1330

長野市 上田市 千曲市 須坂市 坂城町 埴科郡 リウマチ科 膠原病

ブログページ

院長のリウマチ奮闘記

上記をクリックすると世田谷リウマチ膠原病クリニックのサイトが開きます。

スタッフの独り言
ご寄付 絆(キズナ)基金 (KIZUNA FUND)
スタッフ募集
MOBILE SITE
HOME»  ブログページ

ブログページ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ORENCIA Expert Meeting in Jonan

東京の城南及び川崎エリアで関節リウマチに精通したリウマチ医が集まり、仮想症例をもとにディスカッションをしました。
その前に、聖路加国際病院の岡田先生から、オレンシアを効果的に使用できる基礎的な部分などのレクチャーがありました。
今回の参加者は比較的若手が多かったです。参加者からさまざまな意見がでました。
私も参加し、症例検討では、異なった視点での考えを述べました。

2019-03-22 18:37:20

コメント(0)

絆(キズナ)基金 -KIZUNA FUND-

当クリニックは、2006年に日本で初めてのリウマチ・膠原病専門のクリニックとして開院しました。当初から、大学病院など高度医療機関で行われている医療水準と同等またはそれ以上の医療を提供することを目標に取り組んでまいりました。

これからも、当法人は、リウマチ膠原病の治療を必要とするすべての患者さんに個別で最適な医療を提供することをモットーに、今後は小児領域へも幅広く対応ていくことも目指しております。

我々の医療を日本国内だけでなく、アジアなど世界中に発信していくことも非常に重要なミッションであると考えております。

我々の理念と活動にご賛同頂ける個人や企業の方々から、これらの活動を推進するための寄付を受付ております。
ご支援をいただける方は下記の窓口までご連絡いただければ幸いです。

【ご寄付の理由目的】
・快適な患者及び診療環境の整備
・先進的な医療環境の整備
・医療発展に寄与する各種研究活動
・医療に関する研修

【ご寄付の方法】
振込み口座等、下記場所までお問い合わせください。

【問い合わせ先】
〒156-0052
  東京都世田谷区経堂2-4-6
医療法人社団 東信会
世田谷リウマチ膠原病クリニック
TEL:03-6413-4666  FAX:03-6413-4667
Mail:info@setagayariumachi.com
担当:保居(やすい)

2019-03-18 10:17:17

Yamanashi Biologics Seminar ~リウマチ治療を考える~

3月1日、山梨県にて講演を行いました。関節リウマチ全般とその類縁疾患の簡単な鑑別方法、東信会で安全に抗リウマチ薬(内服、点滴・注射)を導入するために行っている方法を話しました。また当院のシンポニー継続率についても話しました。シンポニーの継続は高齢者でも同程度に続けてこれていました。
山梨はリウマチケア看護師がまだ5人しかいないそうです。東信会だけで同程度の人数がいます。吉田先生や看護師のこれまでの努力の賜物だと思いました。さらなる向上に向けて取り組んでいきましょう。

2019-03-05 18:34:48

コメント(0)

これからの移行期医療を考える

2月16日に、第15回SRJミーティングにて、「これからの移行期医療を実現するために~我々は何を考える必要があるか~」でお話ししました。昔は、小児期発症のリウマチ性疾患は、18(20)歳を超えても、そのまま小児科にて通院することもあったようです。今後は、成人では、小児と異なる疾患が併存することもあり、成人は成人の科が診療していくことがよいと考えられています。
今回は、若年性特発性関節炎(JIA)の名称変更や成人とは異なる免疫のしくみ、治療について簡単にお話しをしました。
この世に生まれ出てから去るまでに起こった免疫疾患をみるという私のライフワークの一つとしてお話ししました。
今後、小児期発症の患者さんも、早いうちから当院でも通院ができるように、スタッフに伝えていきます。

2019-03-01 14:39:30

コメント(0)

第15回SRJミーティングが行われました。

平成31年2月16日土曜日17:00~ホテルメトロポリタン長野にて第15回SRJミーティングが行われました。

当院の院長である 秋山陽一郎 医師が講演致しました。

若年性リウマチと成人リウマチの過渡期に関する講演で、

小児を専門とする医師と成人を専門とする医師において、

小児よりリウマチを罹患する患者さんにとって何歳で成人を専門とする医師に移行するべきか等、

社会的にも悩ましい、難しい内容であったため考えさせられました。

秋山院長お疲れ様でした。

   

2019-02-18 18:02:46

コメント(0)

田辺三菱の社内講師に行ってきました。

看護師の久保田です。
2/13に田辺三菱の社内講師に行ってきました。

看護師が行っている日々の業務で、Bio製剤導入時の自己注射の指導があります。
私たちが患者さんに指導する中で感じていることや、注意点についてお話してきました。
また、患者さんが扱いやすく、不安なく自己注射が行えるよう製剤に関する要望もお話してきました。

質問も多く、有意義な会になりました。


 

2019-02-15 15:00:00

コメント(0)

本年のご挨拶

寒中お見舞い申し上げます。
皆様におかれましては明るい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
また旧年、当院を受診された方々ありがとうございました。
本年も、皆様が健康で元気でいられるような診療を、またさらなるサービス向上させていくため、職員一同一層の努力をしてまいります。
皆様およびご家族のご多幸もお祈りし、本年のご挨拶とさせていただきます。


東信よしだ内科・リウマチ科
院長 秋山陽一郎
師長 久保田順子

2019-01-15 18:16:52

コメント(0)

骨粗鬆症ポスターを作成しました。

看護師のトキザワです。
最近、当院では骨粗鬆症についてのポスターを作成し掲示しました。
骨粗鬆症ってどんなもの?原因は?について、わかりやすく簡単にまとめていますのでぜひ待ち時間などにご覧ください。
気になることなどありましたら気軽にお声掛け下さい。

☆ポスターは待合室と処置室に掲示しています☆

 

2018-12-28 16:21:59

コメント(0)

クリスマス♪

12月になり、段々と寒さが身に染みる季節となってきました。
いたるところでイルミネーションが施されてとても綺麗ですね。

当院でもクリスマスツリーを飾りました。

2018-12-08 13:38:29

コメント(0)

市民公開講座

11月18日(日)に市民公開講座を千曲中央病院にて行いました。
リウマチ体操を指導する時間があり、お集まり頂いた大勢の方と一緒に体を動かしました。
激しい運動でなく、準備運動のような簡単な運動を行ったので、楽な気持ちで皆さんの日常に取り入れて下されば良いなと思います。
個人的には少しの時間でしたが、日頃のPTの診療においてリウマチ患者さんにお伝えしたいことも発表し、参加者さんからの理学療法士への質問に答えることもできたので、とても有意義な時間になりました。
来場し参加して下さった方々、一緒に協力しご助力いただいたスタッフの皆さん、ありがとうございました。

理学療法士 佐藤

2018-12-01 12:53:55

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
PAGE TOP